支配から抜け出すためにその2〜FAP療法・FAPカウンセリングとは〜

こんにちは。高之瀬です。
暑い日が続きますね。

前回は「心に聞く」について書きました。

脳のフィルター機能(選択的注意)について〜望ましくない自己イメージや価値観を通して世界を見ている私たち〜

2018.05.07

支配者について〜その考えは支配者に入れられたもの〜

2018.05.18

支配から抜け出すためにその①〜「心にきく」とは?〜

2018.06.18

前回までの流れは以下の通りです。

自己イメージというフィルターをかけて世界を認識する私たち。
「自分には価値がない」「自分は汚い存在である」などの望ましくない自己イメージや価値観は、支配者に入れられたものであり、そこには

①そこにある種の快感がある
②意識的なアプローチだとホメオスタシスが働いてしまう
③絶え間ない支配

等々の理由のために、一般的な解決方法として知られるアファメーション等を実践しても変えられないことが多い。

ではどうすれば支配から脱却し、望ましくない自己イメージや価値観を変化させられるのか?

そもそも「支配」とは、「本来の自分がやりたいことではないことをやらされる」こと。

一方、「心よ」と「心に聞く」ことで、本来の自分がやりたいことや求めることを知ることができる。

心に聞き、それに沿って生きることで支配から脱却していく。
それに連れて、自己イメージや価値観に変化が起こり、ひいては人生そのものに変容をもたらしうる。

もっとも、どうしても心に繋がれない、邪魔が排除できない、自分を責める声が聞こえてきてしまう、という場合がある。

その場合は、支配者からの支配が非常に強いことが考えられる。

支配の影響を軽減もしくは切断する手法であるFAP療法によるカウンセリングを受けることで、心に繋がりやすくなる。

以上がこれまでの流れです。

私たちのカウンセリングの目的は、クライアントの皆様がカウンセラーに依存することなく、自分自身の力で自由に軽やかに生きていくことができるようになることだと考えています。

無意識は必ずその個体を助けます。

自分の無意識に繋がって、それに沿って生きることができる「心に聞く」を私たちユークリッドカウンセリングではとても大切にしています。

「心に聞く」を使いこなせるようになることが、カウンセリングの最終目標と言っても過言ではありません。

そこを目指して、FAP療法(ver.12)を用いてカウンセリングを行なっていきます。

(以下「FAP療法」という言葉を用いる時は主にver.12を指します)

FAP療法とは

FAP療法とは「共感」

それでは、FAP療法とはどのようなものなのでしょうか?

「FAP療法によるカウンセリングを受ければ心に聞けるようになるのかもしれないけど、どんなことをやるのかわからないと不安だなあ」

と思われる方もいらっしゃることと思います。

FAP療法についての歴史、仕組み、やり方、副作用などは次回以降詳しく書いていきますので、今回は、これまでの文脈に沿った形で、簡単にではありますがFAP療法を解説していきたいと思います。

FAP療法は、一言で言えば「共感」の心理療法です。

皆さんも、悩みを誰かに相談して、話を聞いてもらって共感してもらうと、楽になったという経験があるかもしれません。

人が人に共感する、ということが人間が進化してきた所以なのではないかと私たちはよく話すくらい、共感というものが素晴らしく、重要なものであると考えています。

共感によって、人は癒され、そしてお互いを理解するということを通じて親子関係を育んだり、社会を発展させてきたからです。

FAP療法のやり方・流れ

カウンセリングにおいては、クライアントの方のお悩みを楽にするために最も適した形でキーワードを設定し、そのキーワードを頭の中で思い浮かべて頂きます。

例としては、支配が強いケースですと、「○○からの支配」であったり、「○○からの虐待」であったりといったキーワードが考えられます。

(もちろんこれに限りません。設定されるキーワードはケースによって本当に千差万別です)

キーワードを頭で思い浮かべた時、身体にはさまざまな反応が起こります。

身体は無意識そのもの、無意識が現れたものと言えます。

支配や虐待が強くトラウマ化してしまっている場合、意識ではその時の辛さや怒りなどの感情が思い起こせないことが多々あります。
それは、抱えきれないほどのダメージを受けてしまった時の防衛本能でもあります。
(※トラウマの仕組みについて 乙原のトラウマについての記事もご覧ください)

意識ではその時の感覚や記憶を思い出せなくても、身体(=無意識)はちゃんと覚えています。

そのため、キーワードを思い浮かべた時に身体に反応が出るのです。

カウンセラーはクライアントの方の身体感覚をミラーニューロンを介して受け取ります。

クライアントの方が感じられているのと全く同じ感覚に合わせて行きます。

そして、「これは辛いよなあ」「こんなに苦しかったんですね」「これは怖かっただろうなあ」ということをひたすら共感していきます。

それを言語的にカウンセラーからクライアントの方にフィードバックすると同時に、カウンセラーの中で起こった身体感覚の変化をまたミラーニューロンを使ってクライアントの方にお返しします。

それを繰り返していくうちに、キーワードを思い浮かべた時の身体感覚が変化していきます。

すなわち、カウンセラーが的確な共感を行うことで、クライアントの方のトラウマが整理され、癒されることになります。

※ミラーニューロン
※ミラーニューロンとは、1996年にパルマ大学のリゾラッティ博士が発見したもの。

脳には相手の動作をまるで鏡のように映し出す神経システムが存在することが明らかとなり、それがミラーニューロンと名付けられました。

われわれ人間が他者の行為やその行為の目的・意図を理解認識できるのも、ミラーニューロンのなせる技と言われています。

FAP療法によって支配者からの影響をカット・切断するとは?

さて、このような形でFAP療法は行われますが、「FAP療法を行うことで支配を切断できる」ということについてはもう少し説明が必要かもしれません。

現在のバージョン(ver.12)のFAP療法では、クライアントの方の抱えるお悩みが、誰からの影響で生じているものかを特定して治療を行っていきます。

(生育歴や遺伝を丁寧に聞き取ったアセスメント(情報収集)のもと、カウンセラーが心に聞いたり、クライアントの方と一緒に心に聞いて特定していきます)

大抵は支配者からの影響で生じているケースが多いです。

上記のキーワードを思い浮かべた時に、特定した支配者の影響でクライアントの方の身体において生化学的、生理学的、内分泌学的、免疫学的などのさまざまな反応が起こっていると考えられます。

そこに変化を起こすことができれば、支配者からの影響で作られていた悩みや思考パターンが変化し、自分本来の感覚を取り戻すことができます。

このことを「支配の影響を切断」と私たちは言っています。

なぜFAP療法によって大きな変化が起こるのか

さて、支配者から入れられた望ましくない自己イメージや価値観は、

①そこにある種の快感がある
②意識的なアプローチだとホメオスタシスが働いてしまう
③絶え間ない支配

があるために、変えづらいという話を冒頭のまとめでしました。
(詳しくは前々回をご覧下さい)

FAP療法によってなぜそこを変えられるのか?
一つ一つ説明していきたいと思います。

①ある種の快感があることに対してのアプローチ

支配者に入れられたイメージや価値観(をもとに行動すること)にある種の快感を持つようにさせられてしまっているために、手放すことが難しいという話でした。

このある種の快感は、本来の自分が求めるものではないので、表面的には快感に思えても、本質的には偽物の快感であると考えられます。

FAP療法では、クライアントの方それぞれに異なる快感の種類を特定し、それを元に治療をしていきます。

つまり、上記のように共感をしていく際に、「このようなことを快感であると入れられてしまってるんだな」と把握しながらそれも含めて共感していくことで、この点をも変化をさせていくことが可能になります。

補足
自分自身でどのようなことを快感として支配者に入れられてきていたのかを知ることで、今までの人生における自分の行動や出来事を「ああ そういうことだったのか」という視点で眺めることができます。

また、自分がどこで酔いやすいのかを知ることで、今後生きていく際の指標となり得ます。

興味がある方はカウンセラーまでお尋ねください。

②意識的なアプローチだとホメオスタシスが働いてしまうことに対して

これも詳細は次回に譲りますが、FAP療法は前回お話しした、エリクソン現代催眠技法の流れを汲む心理療法です。

すなわち、FAP療法のやり方に沿って治療を行うことで、クライアントの方も、カウンセラーも催眠状態、トランス状態に入ります。

すなわち、双方にとって無意識が働いた状態で治療を行うことになります。

そこでの治療効果は、無意識に響くものです。

無意識の深いレベルでの治療が行われるため、ホメオスタシス(恒常性)が働かないことが期待されます。

(集合)無意識的なホメオスタシス?
※もっとも、(集合)無意識的なホメオスタシスが働き得ます。

というのも、自分が無意識レベルで楽になればなるほど・自由になればなるほど、支配者なり周りの人達が足を引っ張るような行動をとってくるケースが非常に多いのです。

あたかも「置いていかないで」と自分たちの方に呼び戻すような感じです。

まさに なんでお前だけ変わってしまうんだ!と嫉妬の発作を周りの人々が起こすのです。

興味深いのは、実際に変化を目の当たりにして嫉妬してくるケースだけでなく、遠く離れたところにいても、変化に気付いてコンタクトを取ってきたりします。

ある種のシンクロニシティとも言えるでしょう。

面白いことに、このようなことが起こっても、根気強くFAP療法によるカウンセリングを行っていくことで、ある時点で足を引っ張るような人とは何らかの形でいきなり疎遠になったりすることがあります!

こちらから縁を切る行動に出るケースももちろんありますが、向こうが自爆する形で自然に縁が切れるケースもあります。

あまりに見事でいつもいつも驚かされます。

③絶え間ない支配に対するアプローチ

これはFAP療法によるカウンセリングを継続することで、確実に支配から脱却することができます。

上記のように、ある時点でいきなり支配者と縁が切れることもあります。

縁が切れなくとも、近くにいても次第に気にならなくなる場合が多いです。

(近くにいても、影響を受けずにうまく対応できるようになります。対応の仕方もケースに応じてアドバイス致します)

支配者には支配者独自の記憶のサーバーがある!?

さて、そんなわけで、FAP療法によって支配からの影響が切れる理由を説明してきました。

少し話は変わりますが、本当に支配者が人を支配するやり方は実に巧妙であり、また、ケースによってその仕組みは様々で、ある意味面白いです。

これはユークリッドカウンセリング 独自の仮説ですが、支配者は人を支配するための独自の記憶のサーバーに繋がっているのでは、と考えています。

様々なケースにおいてFAP療法を行う中で、「支配者からこのような形態の支配が行われていた」というイメージや画像や印象をクライアントの方からフィードバックとして頂きます。

その形態が、非常に似通っている場合が多いんですね。

というのも、例えば「鳥葬(ちょうそう;チベットの死体の処理方法の一つで、遺体をハゲワシに食べさせるというもの)をされていた」とか、「纏足(てんそく;足を無理やり変形させる中国の風習)にされていた」とか、あとは恐ろしい神話童話の話と似通ったイメージだったり、世界の奇祭と似た話だったり。

もしかしたら世界の神話とか奇祭とか恐ろしい風習というのは、支配者が始めたor支配者からされていることを物語として残した、なんてことも考えられるのかもしれません・・・。

ユークリッドカウンセリング代表カウンセラーの乙原は、FAP療法を行う時、クライアントの方がどのような支配をされているかが比較的見えてしまうので、興味があるクライアントさんは、カウンセリングの後に尋ねてみると良いかもしれません。

スクリプトとして受け取る自信がある方限定ですが・・・

(衝撃的な内容の場合があるのでご注意願います)

乙原は支配者のサーバーにアクセスできるのかねえ、なんてよく話しています。

そのような視点を持ってクライアントの方にされている支配の形態を把握することで、よりピンポイント・ダイレクトに治療ができるとも考えられます。

※普段はカウンセラー側の主観が混じるので、そのようなことは伝えないことも多いです。

終わりに

というわけで、最後にまとめです。

 

私たちは色眼鏡をかけてこの世界を認識しています。

自分にとって望ましくない色眼鏡は支配者にかけさせられたもの。

本来の自分の目で この美しい世界を見るために、「心に聞く」という無限の可能性に満ちた方法を私たちは持っていました。

「心に聞く」をより自由に使いこなせるようになるために、私たちカウンセラーが存在していると言っても過言ではありません。

FAP療法を受けることで、支配者からの影響が無くなり、掛けさせられていた色眼鏡を外して、自分に合った、好きな眼鏡をかけてこの美しい世界を見ることができるようになっていきます。

 

 

次回からは、FAP療法について、色々な側面から詳しく書いていきたいなあと思っています。
いつも読んでいただいてありがとうございます。

Euclid counseling
ユークリッド・カウンセリング
高之瀬

ユークリッド・カウンセリング
ご予約・お問い合わせ等はこちら