となりの支配者

支配者について  質問が多いので

今日はそれについて書いてみようかと思いますが

やっぱ 筆が進みませんね笑 

何を書こうとしたのか すっかり抜けてしまったので  何にも考えず 最近あったことを 何となく書き連ねることにしてみます 

さて

支配者は 

3つの属性のうちのひとつですね 

なんとなく 怖いイメージがある 

よく

「支配者って悪いってイメージがあります」と よくお声を頂きますが 

んー… 

一概に 悪いとも言えないのではないのかなと思います 

カウンセラーは 心に 属性を尋ね  その方に影響を与えている支配者は特定し 影響を切ったりする治療をしますが

だけども 

最近のカウンセリングをしていて思うのは 

3つの属性だけでは まとめられない!!

ということ 

人間の本質って3つだけではないんだな…と 震えるくらい毎日 それぞれの方々と向き合わさせて頂いております 

ここは

これから何年もかけてもっと体系化していきたいと 今 統計と学びの最中でありますが 

少しだけお話しするとしたら

神話や 昔話はただのメタファー(物語)ではない

めちゃくちゃ 支配者のお話だったり光のお話だったりして 

そこに ヒントが隠されている

また 

支配者には支配者   光には光   虚無には虚無の系統があったりして  

例えば ギリシャ神話系やら  中国の古代史やら龍や 珍獣やら 

支配者も 光も 虚無も それぞれ奥が深い 

また 支配者もカウンセリングにいらっしゃいます

そして 支配者の支配の仕方は とても精巧 かつ緻密に計算されており

特に親が支配者で 子供を支配する場合に発揮されますね

支配者の腕の見せどころを 私 治療しながら見せて頂いております

治療しちゃいますけどもね

だけれども

支配者って目立ちますし 支配者は あまり支配者の世界を話してくれませんので ぜひ お話しを聞けたらなと 思っております

何故って

支配者は 自分が支配者だとわかっている

と  某所ではよく聞いていましたが

しかし

実際 支配者の方から 

はい!私、支配者なんです とは聞いたことはないのですよね

不思議に 支配者の皆様って 名乗りを上げないのはどうしてなんだろなと思っております

支配者ルールなんでしょうか

ちなみに わたくしの身内にも支配者おりまして 

「ねーねー支配者なんでしょ?」と訊いても 冷たい眼をされただけでした笑

実際に某カウンセリングルームから 支配者だと認定された 私の身内の支配者ですが 

なんつーか

わたくし 支配されたら面倒くさいので

「私を支配するくらいなら 世界を支配してこい!」と言っております

果たして良いのか悪いのかわかりませんが とっても距離感が出来ました笑 

どちらにしろ

支配者怖い!で治療を終わり と なりますと

一生 あいつは支配者か こいつは支配者か なんてことをやっていかないといけなくなります

それこそ めちゃくちゃ支配されてる感じで 

それは とっても不自由極まりないと思うのは 私だけでしょうか 

それより 

思うのは

支配者 虚無 光だけの単純ではない世界があり それはとても 多岐にわたり                                ユーモア溢れる世界なんだと                            お互い 思える世界が                                          もうそこまで来ているのではないかなと思うのです  

私の治療は その方のそれぞれの物語を              また紡げるようになるようにまで                    回復させることがゴールなのです

はてさて 

私の心は 因果応報は科学的に立証されるといいますが  

それも もう 近いお話という

虐待やトラウマを扱って治療する身として

なにが悪で   どっからが善でなんてわからないな と

だからこそ 

どんな人にでも最良の治療を…と

私は常々 肝に命じてカウンセリングをしております

もちろん PTSDなどの トラウマ治療も承っております

しかし うちのカウンセリングの特色なのか      いらっしゃるクライアントさんの皆様が              あまりにも 多岐に渡るので                               スーパーバイズもビックリしておりました

とりとめのない秋の夜長のブログとして          お読みくださいね

では

乙原